ホーム,集ネット,トップページ
ショッピング,ネットショッピング,骨董販売
骨董会館,群馬県,高崎市,骨董店
骨董会館,群馬県,高崎市,骨董店
骨董舎,群馬県,前橋市,骨董店,煥乎堂
骨董修復,骨董修繕,骨董修復,骨董お直し
骨董修復,骨董修繕,骨董修復,骨董お直し
出版物
骨董豆知識,骨董情報,骨董について
全国骨董店,検索,店舗情報
骨董リンク,骨董店リンク

トップページ骨董豆知識古美術ワンポイント
◇備前焼(びぜんやき)
備前焼の徳利は鎌倉時代、室町前期、中期の窯跡から出土した例がないようだ。では始まりは室町末期からか。巷間「備前の徳利、唐津のぐい呑み」と称されるように、備前の徳利は人気があり、茶席でも使用される。高さ15センチ前後のものは200万円くらい。
◇火縄銃(ひなわじゅう)
江戸初期頃、日本の人口は2千万人ぐらい。そのうち武士階級は約2百万人。また鉄砲は20万丁ぐらいあった。しかし装飾を凝らしたものや大筒、小銃などは非常に少なかった。鉄砲の価格は、在銘などで値段が決まる大きな要素を持っていない。火縄銃の70パーセントは在銘である。現在では鑑賞に耐えうるかどうかが重視され、象嵌などの装飾の有無、形状や状態のよしあしなどで価格が決まる。一般的なの火縄銃なら20万円前後である。

トップへ戻る

TOPショッピング出版社サイト全国の骨董店・催事情報骨董豆知識ご意見ご感想相互リンク会社概要探し物修理修復コラム募集買取 
Copyright (C) 2014 株式会社集出版社. All Rights Reserved.