更新情報を掲載しております。
お探しの骨董品を見つけます。骨董・古美術探し物相談室。
古美術品の修理・修復を承ります。
骨董笑日幸美大賞大募集
骨董品・不要品・遺産整理の処分・買取・販売の事なら集出版社・販売流通支援部にお任せ!!
煥乎堂骨董舎
骨董品が欲しい方はこちら。
古美術名品「集」を欲しい方はこちら。新刊情報や、取扱店などの情報も掲載しております。
骨董店/催事をお探しの方はこちら。
骨董品のキズの見方や、歴史等を知りたい方はこちら。
当サイトへのご意見ご感想はこちら。
相互リンク集です。
集出版社の概要です。
当サイトの利用規約です。
当サイトへのお問合せはこちら。

(IEのみ)
トップページご意見ご感想

笑日幸美大賞の募集コーナーは終了とさせていただきました。
いままで、応募いただきました皆様、誠にありがとうございました。



◎今まであんまり興味が薄かったのですが最近落ち着いた仏さんの顔を眺めると何か知らんやけに安心感を感じるようになりました。近い所為かもしれませんが本人はいたって健康そのものです。仏像の専門誌はないものでしょうか?素人ですので写真が多く,簡単な雑誌があればなぁと思います。専門ではなくても一部に毎月そのコーナーがあれば良いなと思います。(宮城県 M・K 66歳)
◎特集・インタビュー・マンガ・写真・すべて今回の号はバランスが良く見やすい。値段も色々あって何点か購入しました。マンガは特に業者同士の競りに勝って私の手元にあると思うと、深みが出てきてこれからもいいものと出会うのが楽しみになってきました。これから収集を始める若い人や女性他にはマンガで業者の事が良くわかり入りやすい。マンガを読んで骨董集めが今まで以上に味のあるものになりそう。(東京都 M・S 40歳)
◎印刷が美しく、価格もあり参考になる。人気番組の裏がわかった。マンガは現実的でユニークでおもしろい。プロの厳しさを知ることができる。続けてほしい。コンニャク印判・小皿・そば猪口の特集を希望。(埼玉県 T・K 64歳)
◎『骨董屋 とうへんボク』は、私も若い業者なので読んでいて楽しくなります。業者と集める方は思いが違いますね。(山口県 T・S 33歳)
◎マンガは初心者に良い。根付特集、オークションをやって欲しい。月刊の定期発行を望む。(長野県 N・S 60歳)
◎鎧特集と漫画が良かった。鑑定団のファンです。今回はかなり充実している。象牙のコレクターです。インド象とアフリカ象牙の違いを教えていただきたい。また、マンモス牙と象牙の違いもお願いします。業者でもわからない方が多いはずです。(愛知県 M・M 58歳)
◎鎧特集は専門的でわかりやすい。(福岡県 M・A 58歳)
◎お茶関係の特集を希望。(奈良県 H・K 70歳)
◎蒐集家の紹介などもお願いします。(福島県 Y・H 53歳)
◎久し振りの甲冑の特集が良かった。以前の7集までのようなデザインの方が好きです。足軽具足・陣笠などを取り上げて欲しい。これからも楽しみにしています。(兵庫県 H・U 43歳)
◎表紙からして原点に戻って良かった。通販カタログとして期待している。『集』掲載店は信用があるので、今回も購入させていただきました。10万円以下の品を多く掲載して欲しいです。(岡山県 M・N 41歳)
◎店主の顔写真を必ず載せるべきだと思う。漫画は金額が特種世界だ。(東京都 S・O 52歳)
◎鑑定家の紹介等希望。細部に説明が欲しい。(宮城県 Z・O 64歳)
◎写真の色彩がすばらしい。作品に対する説明が欲しい。(新潟県 K・K 70歳)
◎古銭商品をたくさんお願いします。(熊本県 K・Z 70歳)
◎骨董が価格まで載せられる書籍の中では、最高に読みやすい本だと思います。(和歌山県 T・S 34歳)
◎価格が入っているので相場がわかって良い。新物や贋物は載せないでほしい。(福井県 M・M 50歳)
◎内容が豊富になった。ヨーロッパ帰りの伊万里特集希望。(新潟県 K・Z 63歳)
◎鎧特集はおもしろいと言うより勉強になる。4年程前大山祇神社に行ったので楽しく読んだ。(佐賀県 H・K 85歳)
◎鎧特集(特に写真)が良かった。号を追うごとに写真・内容共に良くなっていくのがはっきり判る。できれば店内の写真(店)を今少し多く取り上げてもらいたい。その店に何があるのか自分の欲しいものはないかと興味が湧く。(宮城県 T・S 78歳)
◎カラー写真がとてもきれいです。白黒は物がわかりづらい。(和歌山県 Y・S 50歳)
◎価格のあるていどの相場がわかるところが良い。(K・A 熊本県 42歳)
◎各店共伊万里が多くてありふれている。一般向きの品が多い。レイアウトが良い。表紙の写真に存在
感がある。インタビューは骨董に関係ない話題が多い。手入れの方法・金直しの材料の入手法・染付か印判か見分け方等を取り上げて欲しい。(兵庫県 Y・O 37歳)
◎特集は大変勉強になります。(宮城県 S・S 55歳)
◎甲冑特集が良かったです。まだ日本には色々な甲冑が残っていると思います。引き続き特集を組んで欲しいです。各所で販売されている甲冑を価格付きで一斉に取り上げて欲しいです。(和歌山県 T・S 34歳)
◎今回は全体的に普通。『とうへんボク』は毎回色々人間心理がおもしろい。シークレット事の多い軸物の特集を期待。(山口県 T・Y 33歳)
◎『とうへんボク』は勉強になった。掛軸の軸についている「にかわ」は、少し熱めのぬるま湯につけておくと取れます。(愛知県 M・M 49歳)
◎読者の方は刀剣が好きな方ばかりではないのに、最近は甲冑・武具の頁が多くなり大変有難く思います。毎号発行が楽しみです。(新潟県 Y・E 62歳)
◎マンガが面白い。特集は古めかしい。末永く発行を続けて欲しい。(京都府 J・N 59歳)
◎写真が良くて見易い。簡単なコメントがあるともっとわかりやすい。蒐集のコツ、裏話、贋物の話など希望。価格応談でなく、価格を表示してほしい。(京都府 S・A 67歳)
◎「戦と甲冑」「家紋のルーツと日本人」の特集と表紙が良い。近代の軍装も同じく取り上げてもらいたい。写真が非常に良い(見慣れているが)。漫画程度が低い。(山形県 A・S 55歳)
◎価格は必ず書いて欲しい。(岡山県 K・Y 72歳)
◎『古美術名品 集』を初めて知った。目の保養に良い。(大阪府 T・O 77歳)
◎『とうへんボク』の若冲(掛軸)の本物、贋物の見分け方が良かった。六古窯のひとつひとつの特徴、見所などを漫画で連載してほしい。(三重県 M・K 76歳)
◎特集「戦と甲冑」は東京国立博物館の写真協力もあり、レベルが高かった。美術入門誌としての認知度がかなり上がったからこその協力でしょう。これからも頑張ってください。漫画『骨董屋とうへんボク』は少しずつ良くなってきた。やはり骨董店紹介がメインと思う。(岡山県 M・N 41歳)
◎札幌の店で購入していたが、大変良い本だと思います。鉄道部品、時計を取り上げて欲しい。(北海道 G・K 62歳)
◎何も言うことなし、ただ豪華圧巻に声無し。逆にこの本の値段が心配された。戦時中御地では、命がけの日々でしたが、人々の親切は今もって忘れ得ぬものがあり、御社はその上州人の心意気を見る思いがします。(宮城県 T・S 79歳)
◎一ランク安価な品も取り上げて欲しい。古民具の銅器・鉄器等の特集希望。(福島県 K・N 68歳)
◎博物館の一級品掲載で内容が充実している。漫画のページ数を減らしてその分お店や骨董品を多く載せて欲しい。古民具・木工民具に力を入れて欲しい。(千葉県 T・M)
◎関口流抜刀術と二天一流を習っているので、特集がおもしろかった。(岐阜県 K・I 66歳)
◎たくさんのお店を見てまわっているようで楽しい。見ていて自分の欲しいものの方向性がわかり、夢をもって仕事に向かうことができる。今は買えなくてもいつか・・・と。(青森県 A・Y 40歳)
◎美品ばかりで高めの値段が気になる。わかりにくい古物商の事が漫画になって読みやすい。そんなに変わらない物が店によって値段が違いすぎる。特に箪笥。買う時に値切る方法や本物とにせ物の違いがわかる記事希望。(東京都 M・S)
◎価格応談不可。(福島県 M・Y)
◎商品だけでなく、店の中の雰囲気がわかり店主のセンスがわかりやすかった。(東京都 M・S)
◎焼物類の掲載が多過ぎる。『集』を利用して骨董を購入していますが、今だ価格表示のない掲載品が多いのが不満。(和歌山県 Y・S 49歳)
◎2店舗程価格のないものがあり不満。武具特に刀剣に関する記事希望。(新潟県 Y・E 62歳)
◎伊万里焼の特集は最高でした。漫画は不満、但し絵はうまい。『集』は安価で充実している。鍔特集希望。『集』の月刊発行希望。(岐阜県 T・S 79歳)
◎骨董漫画やめてほしい。甲冑特集を行ってもらいたい。(長崎県 A・О 47歳)
◎判り易く納得が出来る内容で、見応えがある。購読者の我が家の宝物、和骨董の室内での飾り付け等の記事希望。(大分県 S・A 60歳)
◎記事と漫画勉強になった。贋物が載っていた。偽物掲載は自滅の道、チェックすべし。和鍵の特集を是非。(静岡県 K・S 61歳)
◎蒔絵を集めているのでもう少し蒔絵の量を・・・。この本を見て初めてお店に電話をして購入したのですが、お店の人の対応がとても良かったので喜んでいます。雛道具や蒔絵の特集希望。(大阪市 H・I)
◎読者が購入した骨董品の紹介(エピソード)のページを作って欲しい。(兵庫県 M・I 58歳)
◎各種類ごとのより深い考察の資料を希望します。伊万里などの特集が多いが今まで取り上げられなかったジャンルを取り上げて欲しい。時代が不明確であることが多い。非売品も提示されていることがある。(長野県 H・H 51歳)
◎骨董の商品写真と店主が漠然とついているだけなので、商品説明や何時代の物か書いてください。レトロな日本のキューピー、海外のキューピーちゃん特集希望。(福井県 T・S 43歳)
◎品物のバランスが良かった。芸能人の記事はおもしろくなかった。ギアマン・吊ランプ・氷コップなどのガラス類特集希望。(滋賀県 S・N 25歳)
◎価格がわかって参考になる。(岡山県 K・Y 70歳)
◎骨董イベントをもう少し載せてほしい。きみまろさんインタビューはホンネで良かった。漫画はページ数が多い。興味をもったランプの値段が知りたかった。ランプ電傘の特集希望。(岡山県 K・I55歳)
◎象牙・書画におもしろいものがあった。漫画特に欄外の説明はすばらしい。今後もぜひ。芸能人のページはいらない。人気作家、漫画やおもちゃやアニメグッズなど今までにないコレクター部門のもの希望。(愛知県 M・M 49歳)
◎産業としての伊万里焼は入門者向けで良い。通販カタログとしても期待しています。アンケートの意見・希望にすぐ対応する編集部の方々のレベルの高さと「やる気」に今まで以上に期待しております。(岡山県 M・N 41歳)
◎父が購読しており、読ませてもらったところフルカラーで見やすく、全然わからない私でも惹かれるものがありました。漫画は骨董市のテーマでわかりやすくおもしろい内容でした。次号も楽しみにしています。2色のページは見づらく物の状態がわかりにくい。本の定価が下がるとうれしい。これを機に(骨董を)購入してみようと考えてます。(岐阜県H・H 22歳)
◎自分の好きな物があまり出ていなかった。伊万里焼の時代の流れがわかりました。芸能人の記事よりも品物を少しでも多く見たい。(富山県 N・T 64歳)
◎きみまろさんインタビュー、生の声が聞けてよかった。棚など、木の材質説明がない。盆栽鉢の一覧など希望。(三重県 T・N 60歳)
◎全号とっているが、最近特集が増えてつまらない。漫画は紙面の無駄。骨董店紹介を増やしてください。( 茨城県 Y・T 60歳)
◎品物のコンディションの説明が親切である。本の品位が下がるので、マンガは止めてください。(静岡県 H・M 64歳)
◎漫画好きが集の漫画を見て骨董ファンになる事はありえない。ページがもったいない。読み物にとどめるべき。続けるなら定期購読を止めます。(T・M 64歳)
◎だいたい読めますが、専門語によみがながついていると良いと思います。(宮城県 T・S 62歳)
紙本・絹本の意味を教えてください。(編集部注 紙本は書画等の紙に書かれたもので、絹本は書画を書くのに使う絹地や作品)(愛知県 T・S 62歳)
◎やはり品物が多く、その価値がわかるのが良い。有料で良いので、骨董品の鑑定、指導をしていただける場所を設けて欲しい。(滋賀県 Y・T60歳)
◎漫画はおもしろく人生観を感じた。不況の中で『集』を見ていると楽しい。(秋田県 S・S 60歳)
◎カラーが良くバラエティーに富んでいる。全国の骨董店がわかる。インタビューより骨董店の紹介の方が良い。内容が良いので、芸能人に頼らなくても良いのでは?(広島県 N・О 60歳)
◎こんなに骨董詳細の本はあまりない。根付の歴史等の特集を希望します。(埼玉県 M・I 40歳)
◎マンガは意味がない。カラーページでもったいない。(愛知県 T・Y 66歳)
◎古美術に関する知識がつく用語解説や真贋を見分けるポイント等を紹介してほしい。(京都府 K・A 59歳)
◎絵皿にニュー有、小ホツ、口に直し、ニュー有りと書いてありますが、どういうことか教えて下さい。(東京都 A・K 63歳)
◎時価評価の記載があり大変参考になりました。(岐阜県 H・H 76歳)
◎オークションの情報等を出してくださればありがたいです。(徳島県 K・G 60歳)
◎初めて読ませてもらいました。たのしく夢をもらいました。がんばってください。(長崎県 M・S 64歳)
◎第15集150ページの『いい日旅立ち』の解説には満足させられました。(横浜市 I・I 70歳)
◎博物館の紹介は良い企画です。一流コレクター品の紹介をしてほしい。(千葉県 T・M 56歳)
◎「読者の集い」を楽しく拝見しています。(静岡県 M・I) 高価な物が多く一般的でない。第8集〜15集の表紙と対談がすばらしかった。再度取り上げて欲しい。彼たちが身近に感じる。定期購読は実に良い企画です。書店で買うよりも早く手に入り、買い忘れがありません。(福岡県 安部正紀 58歳)
◎カラーにつき、品物が確認しやすい。初めて購入したが良かった。漫画はページをとりすぎる。(静岡県 K・О 61歳)
◎特に魅力のある品の価格の表示が無い。掲載店が減ったようです。(広島県 T・M 79歳)
◎漫画はサイズを小さめにして、もう少し長編に。武具・刀剣・刀装類が少ない。骨董品は集掲載店で10点ほど購入した。(和歌山県 Y・S 49歳)
◎『とうへんボク』は古物商になる手続きがわかって良かった。第2集より愛読していますが、残念ながら創刊号がないので何とか手に入りませんか?(福井県 M・M 55歳)
◎知人の紹介で市場情報が載っているというので取り寄せました。(東京都 S・О 53歳)
◎骨董漫画『とうへんボク』はおもしろい。特集は九谷焼の勉強になった。資料としてあらゆる部門の作者(竹内栖鳳・小堀遠州・石川光明など)を取り上げてほしい。(愛知県 M・M 48歳)
◎加藤唐九郎の焼物を取り上げた読み物を特集してほしい。(山口県 I・U 63歳)
◎美術品の価値を価格で認識できるのが良い。今回紹介の骨董店から良い品物を購入し、大変感謝しています。これからも期待しております。上質紙に30ページも漫画を使うのはもったいない。(岡山県 M・N 40歳)
◎集は第1集から第19集まで購入しております。掲載品でもっと多く価格表示があれば購入できるのだが、まだ一点楽山焼の茶碗しか購入していない。(富山市 I・S 62歳)
◎いろいろ出ていておもしろい。古伊万里や唐津の特集をしてほしい。(千葉県 Y・I 12歳)
◎可能なかぎり各ページに商品をたくさん載せてください。毎回内容(商品)が似かよってきている。(宮崎県 K・Y 53歳)