ホーム,集ネット,トップページ
ショッピング,ネットショッピング,骨董販売
骨董会館,群馬県,高崎市,骨董店
骨董会館,群馬県,高崎市,骨董店
骨董舎,群馬県,前橋市,骨董店,煥乎堂
骨董修復,骨董修繕,骨董修復,骨董お直し
骨董修復,骨董修繕,骨董修復,骨董お直し
出版物
骨董豆知識,骨董情報,骨董について
全国骨董店,検索,店舗情報
骨董リンク,骨董店リンク
出版社トップ画像
『集』新刊53号は発売中です。今回の特集は鉄砲の鑑定士で有名な澤田平さんの協力により、鉄砲進化史という内容で火縄銃から管打銃にかけてご紹介しております。是非一度ご覧になって下さい。また、北海道から九州まで、全国の古美術・骨董店様の珍しい商品も満載です!! 
新刊のご案内 編集だより 「集」のご案内 掲載をしてみませんか? バックナンバーのご案内   DB 漫画とうへんボク 定期購読のすすめ
トップページ集出版社サイト編集だより
publish-colum
編 集 だ よ り
2010年の集日記
1月8月
2008年の集日記
12月 9月 8月
6月 5月 4月
3月2月 1月
2007年の集日記
12月11月
10月9月
8月 7月6月
5月3月2月
2006年の集日記
6月5月3月2月
2005年の集日記
12月 ◎11月 ◎10月
9月 ◎7月 ◎6月 ◎5月
3月 ◎2月 ◎1月
2004年の集日記
12月11月 ◎9月
8月 ◎7月 ◎6月
5月4月 ◎以前
 
■2007/07/12(木)特集の撮影にて



先週の話になりますが、次回34号「集」の特集の一つ
「和箪笥」特集の撮影に同行しました。撮影にお邪魔した所は
群馬県吾妻郡にある薬師温泉にある「かやぶきの郷」と言う
温泉旅館でした。ここは沢山のかやぶき屋根の家がたくさんあり、
なんともむかし懐かしい雰囲気を出していました。
天井に付いている電気などもこんな風にいい感じでした。



ここにある和箪笥の数は日本一位あるそうです。
今回に特集の撮影にはピッタリの場所でした。
とかなんとか撮影を進めて行くと、もうお昼タイムでした。
お昼に食べた うどんはものすごく美味しかったです。
お越しになった時はぜひおすすめ致します。
ちなみにお蕎麦も美味しかったそうです。



いくつも建っているかやぶき屋根の家の1つに入ると
こんな感じでした。天井はとても高くぶら下がっている
明かりなども大きな物でした。昔は裕福な家だったのが伺えました。





上からなにやら鬼に様な鹿の様な物もぶら下がっていました。
何かの魔除けかなにかでしょうか?左の端にチラッと写っている
のが、今回撮影をしてくれたカメラマンのSさんです。

今回の撮影で大変だったのは、時間が遅くなったのも
もちろんなのですが、撮影をした物が全部箪笥だったと言う事です。
中にはとても軽く出来ている物もありますが、大抵の物が重く
撮影するために上げ下ろしをしたのが大変でした。
まるで引っ越し屋さんの様でした。そんな中深夜遅く迄撮影を
してスタッフがバテテきた頃に、宿の支配人さんが「おむすび」と
「お茶」を出してくれたのです!!!

これにはスタッフ一同感激しました。同行したカメラマンの
Sさんなど「山下清の気持ちがわかるね!」と言っていました。
本当にそう思いました。



遅くまで撮影してご迷惑をお掛けしたのに、「おむすび」まで
用意して頂いてありがとうございました。そして遅く迄お付き
合い頂いた「かやぶきの郷」のスタッフの皆様本当にありがとう
ございました。この特集はうちの特集担当Aさんがすばらしい記事に
することでしょう(プレッシャーかな) 

そして「おむすび」は一生忘れないでしょう。

■2007/07/10(火)白いカエル



ついこの間のある朝、私が会社の掃除をしていると
同じ職場のAさんが「Sくん!白いカエルがいるよ!」と
騒いでいました。と私も「本当ですか!?」と慌てて見に
行きました。

…が、Aさんが言っていた白いカエルはもう何処かに行って
しまっていました。私はすこし残念な気持ちになりました。
なぜかと言うと、他の動物でもそうなのですが、本来は白い色を
している動物ではないのに突然変異でまれに白い色をした物が
生まれる事があるのです。代表的な例でいいますと、虎が白い

「ホワイトタイガー」などがいい例です。

まれに生まれるのでとても珍しがられるのです。
ペットショップなどでは、アルビノ種と呼ばれ普通の
種類の物より割り増しで売られています。そんな事もあり、
これは珍しい物が見られると思ったのですが残念でした。

ですが神は…カエルは私を見放さなかったのです。
次の日の朝にもその白いカエルくんは来てくれました。

私はすかさずカメラに納めました。それがこの写真です。
ですがよく見ると普通のカエルが保護色で白く変わっただけにも
思えましたが、間違えなく白いカエルでした!

第一発見者のAさんが調べた所によると白いカエルは発見されると
新聞にも載るほど珍しいそうです。
そのカエルまたは、それに近いカエルを拝めたその日の朝は、ちょっと得した気分でした。 ゲロゲ〜ロ♪


■2007/07/06(金)宇宙旅行〜銀河系の彼方へ

先週の日曜日、家族で群馬県前橋市の生涯学習センターに行った。
中には少年科学館もあり、プラネタリウムを見たり、
さまざまな科学の展示品で実験したり、
一日、楽しめるところだった。

中でも感動したのは、3Dの銀河旅行映像の上映会。
日本で4箇所しかないというコンピュータシステムを使い、
おまけに職員の方が、おもしろおかしく解説してくれる。
地球を出発して、金星へ、水星へ、
そして太陽に急接近!
今日の太陽の映像が???天文台から送信されてくるという。
次はUターンして、火星、木星、土星へ。
天王星、海王星…
さらに太陽系を抜けだし、天の川の無数の星々を潜り抜け、
銀河系の彼方から、銀河を見た。

子供たちも大いに驚き、感動した様子。
こんなに素晴らしい宇宙の映像を鑑賞していたのは、
我が家の4人だけだった。
得した気分というか、もったいないというか…

科学の展示品もおもしろいものが多かったが、
子供たちはおもちゃ感覚で遊んでいて、
仕組みを考えてる様子もなく、
親二人も尋ねられても答えられない。
うちはやっぱり文系家族かな?




■2007/07/02(月)ちょっとだけショックな事

日常生活の中でちょっとだけショックな事ってないですか?

たとえば、トイレに入り用をたした後、いつもの様に
トイレットペーパーに手を伸ばしてみるともう使いきって
いたりする事ってないですか?

その時に頭に一瞬だけよぎるのが、
もし予備のトイレットペーパーが無かったら…
周りに誰も取ってくれる人が居なかったら…
そう考えて一瞬ちょっとだけドキッとしませんか?

それが、ちょっとだけショックな事です。
そんなささいな事ですが以外にショックな物です。
ですからトイレットペーパーを最後まで使った前の人は
次の人の事を思って補充しておきましょう!
くだらない話ですみません。