ホーム,集ネット,トップページ
ショッピング,ネットショッピング,骨董販売
骨董会館,群馬県,高崎市,骨董店
骨董会館,群馬県,高崎市,骨董店
骨董舎,群馬県,前橋市,骨董店,煥乎堂
骨董修復,骨董修繕,骨董修復,骨董お直し
骨董修復,骨董修繕,骨董修復,骨董お直し
出版物
骨董豆知識,骨董情報,骨董について
全国骨董店,検索,店舗情報
骨董リンク,骨董店リンク
出版社トップ画像
『集』新刊53号は発売中です。今回の特集は鉄砲の鑑定士で有名な澤田平さんの協力により、鉄砲進化史という内容で火縄銃から管打銃にかけてご紹介しております。是非一度ご覧になって下さい。また、北海道から九州まで、全国の古美術・骨董店様の珍しい商品も満載です!! 
新刊のご案内 編集だより 「集」のご案内 掲載をしてみませんか? バックナンバーのご案内   DB 漫画とうへんボク 定期購読のすすめ
トップページ集出版社サイト編集だより
publish-colum
編 集 だ よ り
2010年の集日記
1月8月
2008年の集日記
12月 9月 8月
6月 5月 4月
3月2月 1月
2007年の集日記
12月11月
10月9月
8月 7月6月
5月3月2月
2006年の集日記
6月5月3月2月
2005年の集日記
12月 ◎11月 ◎10月
9月 ◎7月 ◎6月 ◎5月
3月 ◎2月 ◎1月
2004年の集日記
12月11月 ◎9月
8月 ◎7月 ◎6月
5月4月 ◎以前
■2004/12/20(月) 24集について

今日は24集の話

24集は3月発売予定です。
その特集の伊香保の取材に行きました。

何件か取材に行ったのですが、
いも串の美味しい店にも取材に行きました。
伊香保温泉から水沢神社に向かい
さらに山を下っていくとある、
水車のある藁葺屋根の家の鹿火屋という店です。

いも串は里芋を味噌のたれにつけて焼いた、
単純な食べ物ですが、これがまた美味い。
店長さんも店員さんも気のいい人で
お店のことを色々教えてもらいました。

伊香保に行った際には是非寄って行きたい店です。



■2004/12/15(水) 力仕事について

ひさしぶりに力仕事しました。
倉庫にある本を別の倉庫に移動しました。自分は途中から参加。

紙と水は密度の関係から重くなります。
というのを実感しました。
3時間も作業していないのに足ががくがくいってる。
腕立てでも始めるか・・・。

新しく倉庫になる部屋を見ながら、
・・・自分のうちにも本を置く倉庫が欲しい、とか思いながらしてました。



■2004/12/13(月) 名古屋骨董祭について

今日は名古屋骨董祭の話
ひさしぶりに骨董関係の話です。

12月10日から12月12日の3日間、
名古屋市吹上ホールで開催していました。
真ん中の12月11日(土)に行きました。
車で群馬から高速つかって4時間くらい。
名古屋骨董市の会場、名古屋市吹上ホールに着きました。
5月、8月、12月の年3回も開催しているそうです。

何でも最近までは入場料をとっていたのが、
無料になったそうです。
お客としては気軽に行けるので気楽です。

中はホールを仕切りで区切って、
骨董屋さんが品物を並べている。
全国から骨董屋さんが集まって来ていて、
ここに来れば色々なモノが見れるって言う訳です。
色んな人がいます。
まさに老若男女。
メモを片手に勉強中の若い人、
大きなリュックを背負った人、
若いカップル、
家族で来る人。
骨董屋さんとしても、
情報交換の場として重要な場所なんでしょう。
一日で全部見て回るのは大変です。
自分のペースでのんびり見るのがいいなと、
休憩所で休んでいる人を見て思った。
今まで来たことのないところを見るのは、やはり新鮮です。

帰りにみそかつを食べて骨董祭を後にしました。
名古屋で有名な美味いものを一つに挙げるとすれば、
やはりみそかつだと思う。



■2004/12/9(木) カレーについて

今日はカレーの話

カレーは凄いのです。
スパイスに体力増強、疲れた体を休めてくれる等、
様々な効果を持つスパイスがバランスよく調合されている。
スパイスが入っていることで塩分を減らすことが出来る。
野菜も煮込むのでたくさん食べられる。

とても健康に良いのです。
だから、今日もカレーを食べよう。



■2004/12/7(火) 掃除について

今日は掃除の話。

もう12月ですね。
大掃除を今のうちにしておかなければと思っています。
自分の部屋は今酷い状況なので何とかしなければと、思い立ちました。
買いっぱなしの本と手紙がうっちゃってあるのだ。
本棚に押し込んで、ファイルに投げ入れればいいだけなんですがね。

このままだと手が付けられなくなるのは目に見えているのだ。
気合い入れてやるか、1時間ぐらいで終わるしね。



■2004/12/02(木) 本について

集の23号発売しました。
近くの書店でお求めください。
電話等でも御注文承ります。
お電話はこちらまで。
集出版社080-7933-1122

で、本の話。
家には見てない本が思ったよりあります、多分。
その本は何かが気になって買った本です。

例えば、アメリカに移住するマニュアルみたいな本とか。
カフェを始めるためのマニュアルみたいな本とか。
なんかのベストセラーを取った本とか。

本はとりあえず読んでみて、読み続けることの出来る本だけ読めばいい。
こんな意味の話を聞いたことがあります。
その本がつまらない、読む気にならない理由はあるだろう。
今はつまらなくても気分が変われば面白く感じるかも知れない、とも言ってたような。
まあ、今の自分に合った本を読めばいいと、その人は言ってるのかなと。
つまらない本をつまらないと思いながら読むのはよくないと。

そう言えば、最近漫画ばかり読んでるな。
今の自分に合ったものだということか。
家の本棚には活字の本も並んでいるんですけどね・・・。
どうも最近は手が伸びない。
これが活字離れか。