ホーム,集ネット,トップページ
ショッピング,ネットショッピング,骨董販売
骨董会館,群馬県,高崎市,骨董店
骨董会館,群馬県,高崎市,骨董店
骨董舎,群馬県,前橋市,骨董店,煥乎堂
骨董修復,骨董修繕,骨董修復,骨董お直し
骨董修復,骨董修繕,骨董修復,骨董お直し
出版物
骨董豆知識,骨董情報,骨董について
全国骨董店,検索,店舗情報
骨董リンク,骨董店リンク
出版社トップ画像
『集』新刊53号は発売中です。今回の特集は鉄砲の鑑定士で有名な澤田平さんの協力により、鉄砲進化史という内容で火縄銃から管打銃にかけてご紹介しております。是非一度ご覧になって下さい。また、北海道から九州まで、全国の古美術・骨董店様の珍しい商品も満載です!! 
新刊のご案内 編集だより 「集」のご案内 掲載をしてみませんか? バックナンバーのご案内   DB 漫画とうへんボク 定期購読のすすめ
トップページ集出版社サイト編集だより
publish-colum
編 集 だ よ り
2010年の集日記
1月8月
2008年の集日記
12月 9月 8月
6月 5月 4月
3月2月 1月
2007年の集日記
12月11月
10月9月
8月 7月6月
5月3月2月
2006年の集日記
6月5月3月2月
2005年の集日記
12月 ◎11月 ◎10月
9月 ◎7月 ◎6月 ◎5月
3月 ◎2月 ◎1月
2004年の集日記
12月11月 ◎9月
8月 ◎7月 ◎6月
5月4月 ◎以前
■2004/9/16(木) 温泉について

温泉はとてもいい贅沢です。
休みの日にぶらりと行って日帰りで帰ってこれて、美味しいものもたいてい近くにあるので、軽い気持ちでゆったりできます。
で、温泉って入るのに500円から1000円ぐらいかかりますが、自分今まで高いなあとは思っていたが、入湯税がいくら取られているのか知りませんでした。
入湯税は市町村税で、環境衛生施設、鉱泉源の保護管理等のために、一人一日につき150円を標準とする、らしい。
って、約10〜25%は税金ですか、ショックだ。



■2004/9/7(火) 成人病について

中国には医食同源という自分にとって頭が痛くも有り難い言葉があります。
食べることによって、身体は作られる。
身体に良いものを食べれば健康を維持できるという事です。

しかし、ジャンクフードが好きなのです。
今日も食べるでしょう。
油だらけのポテトチップス。
砂糖がたくさん入ったジュース。
肉と小麦粉だけのハンバーガー。
こんな食生活を続けていると成人病になってしまいます。
基本的に肥満と関係のある成人病。

成人病とは、動脈硬化、高血圧、悪性腫瘍、糖尿病、肺気腫、骨の退行性変化など壮年期以後発生する病気の総称、だそうだ。

病気にはなりたくないです。
対策は、身体に良い食事を、一日三度、間食せずに食べる。
言うのは簡単だが、実行するのは難しいです。
頭では駄目だって分かっているんだが、困ったな。

先ずは一歩ずつ前へ。
とりあえずは、間食をしないようにしよう。
・・・なんて難問だ、明日からにしよう。



■2004/9/6(月) 刀について

宣伝です。
12月発売予定の集23号では刀の特集をします。
刀の歴史や、刀にまつわる話等があり、読めば刀博士になれる特集です。
もちろん、掲載店の紹介も充実していますので宜しくお願い致します。

刀の特集をやるので、本物の日本刀を見ました。
恐いです。あの刃を見ていると切れ味が想像できて触っただけでざっくりきれてしまうじゃないか、と思うと身震いがします。

昔の人が使った物ってのは、その人の思いが感じられて何考えて生きていたのだろうと、思いを馳せるのは情緒があるのですが、刀はおっかなびっくりでした。人殺しの武器ですからね。

さて、この刀は何を見てきたんだろう?



■2004/9/3(金) MACについて

前の仕事場ではwindowsを使っていました。自分の家にあるパソコンもwindowsです。
MACを知らなかった頃はある種の憧れさえも抱いていました。
デザイナーはMACを使っている人多いらしいし、なんか仕事向きっていうイメージがあったんです。

今、仕事でMACを使っています。
使いづらい。
マウスにクリックするところが一つしかないし。
画面上のウィンドウも扱い方が違うし。

慣れないだけなんだろうか?
今のところMACが悪いと思い込んでいます。



■2004/9/2(木) 日記について

日記なんて物は特別なことを書こうとするから書けなくなるんだ。
だから、あったことをそのまま書けばいい。

そんなことを誰かが言ったかどうかは知らないのですが、自分ではそう思っています。

夏休みの日記には、
8月○日、晴れ、今日はプールに行った。 というような一行の日記を書いていました。
日記は毎日書き続けることが大事なんです。
だから、その一行の日記は悪い事ではなく、その当時の記録として残る。
そして、唯一の読者である自分がその当時を振り返るものです。
その為のものなのだから、日記はその日にあったことをそのまま書けばいい。

この編集だよりは日記じゃない。
誰のためだろう?
・・・。
はい、明日から頑張ります。出来れば多少は為になることを書けるように。



■2004/9/1(水) 編集だより再開

本日からまた編集だよりを再開します。

前前回のコラムで新人が教育されてますが、自分です。
8月からこの集出版社に勤めることになりました。

皆さんのお近くの本屋にも、集22号が並び、漫画のとうへんボクもその隣に並んでいるでしょう。
お近くの本屋にもしもなければ、当社でも本屋でもご連絡頂ければすぐに発送いたしますのでお願い致します。
集23号も12月に発売を予定し、準備をしております。
きっとぎりぎりになって修羅場の地獄を見れるに違いない。
今は、そのような感じに少し気の抜ける期間です。

毎日更新と言う訳にはいかないかも知れません。
こういったものを書くのは初めてなので読みにくい物になってしまうかもしれません。
そのことを考慮して頂いて、出来れば多少甘い目でもってお付き合い下さい。 これから宜しくお願い致します。